株主・投資家情報

ホーム株主・投資家情報IRライブラリー決算説明会オンデマンド放送

2016年3月期 第2四半期 決算説明会

「2016年3月期 第2四半期の総括」(代表取締役社長 堀口 智顕)

「2016年3月期 第2四半期 決算実績の概要」(代表取締役副社長 斎藤 清一)

「今後の展開」(代表取締役社長 堀口 智顕)

2015年11月10日(火)16時00分より
ビジョンセンター東京
代表取締役社長  堀口 智顕
代表取締役副社長  斎藤 清一
2016年3月期 第2四半期 決算説明会 補足資料

 
 

2016年3月期 第2四半期 決算説明会 質疑応答

質疑応答〔1〕

ご質問内容:「四半期末以降も物件の仕入れが進んでいるとのことだが、10月以降に購入する物件の合計額が117億円ということか。これらは下期または来年の売上につながる原価であると理解してよいか。」

質疑応答〔2〕

ご質問内容:「春秋グループとの業務提携における役割分担や投資の割合について説明してほしい。」

質疑応答〔3〕

ご質問内容:「ホテルを運営するにあたって、収益はどのように分け合うのか。」

質疑応答〔4〕

ご質問内容:「春秋航空がLCCで送客するというが、その受け皿となるホテルをすぐに用意して収益を得られるのか。」

質疑応答〔5〕

ご質問内容:「上期の売上高の実績は通期計画に対して39%進捗し、経常利益は56%進捗している。バランスが良くないと感じるが、会社は業績予想を変えていない。下期の業績をどう捉えればよいか。」

質疑応答〔6〕

ご質問内容:「今期はリプランニング事業の仕入れも進んでおり、利益率も大きく向上した。どのような変化があったのか。また今後の利益率の見込みについて説明して欲しい。」

質疑応答〔7〕

ご質問内容:「ホテルに200億円を投じるとのことだが、資金需要が増えるのではないか。バランスシートへの影響をどう考えているか。自己資本比率はどうなるのか。」

閉じる

ページトップへ