株主・投資家情報

2021年3月期決算

実施概要・決算説明資料

決算説明 オンデマンド放送

今期も温かいご支援をいただき、誠にありがとうございました。各ムービーの視聴ボタンを押してご覧ください。

2021年3月期 通期業績サマリー
2022年3月期 業績予想

視聴する
説明者
執行役員経営企画部長 平原 健志

中期経営計画の見直し

視聴する
説明者
代表取締役社長 齋藤 清一

質疑応答

「質疑応答を視聴」ボタンを押してご覧ください。 また、ボタン左端〔〕のポップアップメニューから各ご質問への回答をそれぞれご視聴いただけます。


回答
代表取締役社長 齋藤 清一
ご質問内容(要約)
〔1〕
リプランニング事業の利益率は、コロナ前は30%超だったが、当期は20%台と低下しているがその要因は?
〔2〕
仕入れ環境について教えてほしい。
〔3〕
中期経営計画にROE10%以上という目標が加えられたが、コロナ前は17%水準だったなか、10%に留まった理由を教えてほしい。
〔4〕
リプランニング物件や都心中小オフィスの現状のテナント稼働状況と、アフターコロナの需要についてどうみているか?
〔5〕
事業期間が延びてきているが、在庫の回転率についてどのように考えているのか教えてほしい。
〔6〕
ホテルについての新規開発は現在開発中の4軒のみということだが、今後開発を再開する予定はあるのか、あるいは運営が中心となるのか。
〔7〕
日和ホテル舞浜のホテルの売却は、リプランニング物件の売却と比較し利益率が低めなのか、またリースバック賃料水準について教えてほしい。