サステナビリティ・ビジョン

VISION

私たちは、社是である利他の心を大切に、
事業活動を通して持続可能な社会の実現に貢献していきます。

サステナビリティの重要課題

MATERIALITY

サステナビリティ・ビジョンの実現に向けて、取り組むべき重要な3つの課題を定めました。「環境保護」「地域創生」「人財育成」の3項目において、それぞれ具体的な施策を展開していきます。

なお、今後の環境や社会動向、および事業環境の変化に応じて、具体的な施策は適宜見直していきます。

3つの重要課題(マテリアリティ)

表内はスライドしてご覧ください

環境保護

地域創生

人財育成

目指す姿
不動産再生事業のフロンティアとして、廃棄物や温室効果ガス排出を大幅に削減することにより、環境面での持続可能性を高める。 持続可能な地域創生のフロンティアとして、オフィス、ホテル、観光事業を通じて、地域経済の持続可能な成長を創る。 フィロソフィ経営のフロンティアとして、持続可能な社会の実現に向けて不可欠な「利他」の考え方を広めていく。
施策
  • 不動産の健康長寿命化
  • 不動産再生による「省エネ」「環境負荷低減」
  • 再生可能エネルギーの利用拡大
  • 経済成長に資する「働きがい」「創造性」のあるビル・オフィス・空間づくり
  • 地域連携による防災、減災
  • コミュニティ活性化と創出による地域課題の解決
  • 「働きがい」「創造性」「成長機会」のある職場づくり
  • 多様性の尊重と活用
  • 次世代経営者育成のためのフィロソフィ経営に関する情報発信
主に関連するSDGs

重要課題の特定プロセス

サステナビリティ委員会において、SDGs、ISO26000、GRIスタンダード等の各種枠組みを参照しつつ、ステークホルダーの皆様の視点と当社経営の視点とを統合して、解決すべき様々な社会課題について議論を重ねました。専門家の知見・助言も得ながら当社としての問題意識・方向性を整理し、取締役会での承認を経て、重要課題を特定いたしました。

ステークホルダーの皆様の視点を取り入れるにあたり、サステナビリティ委員が20社・団体を超えるステークホルダーの皆様と直接対話させていただきました。

当社は、今後の施策立案・展開においてもステークホルダーの皆様との対話が極めて重要と認識しており、今後もステークホルダーの皆様との対話を継続していく考えです。

サステナビリティ推進体制

IMPLEMENTATION

持続可能な社会の実現への貢献と、中長 期的な企業価値の向上を目指すため、代表取締役社長を委員長、サステナビリティ推進室長を副委員長とし、各事業部のサステナビリティ担当者を委員、社外役員をアドバイザーとする「サステナビリティ委員会」を設置し、経営理念、企業哲学に基づき、社会課題の解決に資する活動をより強力に推進しています。

具体的な取り組み

サンフロンティアグループでは、事業を通じたESG活動を積極的に推進してまいります。

  • 環境と共生する不動産再生事業を展開。不動産の耐用年数長期化・質向上を推進。
  • 居抜きオフィス流通市場「そのまんまオフィス!」を運営、オフィス移転に伴う廃材を削減。
  • 不動産再生事業において、地域や社会のニーズを適えた最適用途(保育園やレストラン等)での再生を推進。
  • 「日本を元気に!」のスローガンでホテル新築を軸に事業再生、古民家活用、観光資源発掘等、観光面から地方創生事業を展開。
  • 当社では、全ての役職員が「人間としての正しさ」を業務遂行の指針とし、その上で体制を強化するための各種施策を実施しております。

Environment
環境

  • 環境と共生する不動産再生事業を展開。不動産の耐用年数長期化・質向上を推進。
  • 居抜きオフィス流通市場「そのまんまオフィス!」を運営、オフィス移転に伴う廃材を削減。

Social
社会

  • 不動産再生事業において、地域や社会のニーズを適えた最適用途(保育園やレストラン等)での再生を推進。
  • 「日本を元気に!」のスローガンでホテル新築を軸に事業再生、古民家活用、観光資源発掘等、観光面から地方創生事業を展開。

Governance
ガバナンス

  • 当社では、全ての役職員が「人間としての正しさ」を業務遂行の指針とし、その上で体制を強化するための各種施策を実施しております。
サンフロンティア不動産株式会社

東証プライム|8934

〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目2番2号 東宝日比谷ビル14階

企業案内